« 紅葉の裏磐梯ハイキング | トップページ | 卒業58年の高校同級会 »

紅葉に燃える山形小国町・山麓のフォト散策

2009・10・27~29

小国町は新潟県との県境近くにあり、町の南方30km程に飯豊連峰登山口があり、近辺は紅葉が真っ盛りであった。今回参加したツアーは、著名な写真家S先生が案内するK旅行社写真ツアーで、参加人員は16名である。

7時半新宿出発、関越道廻りで14時半飯豊温泉の宿に到着、直ちに登山道近く渓流で撮影に入った。時々激しい雨に悩まされながらの撮影である。しかし、濡れた紅葉の渓谷はしっとりと目に滲み、澄み渡るせせらぎが耳に優しく、フアインダーを覗くと名画の様な世界が広がり、心地よい感動が胸をうつ。

翌日は4時半宿を出発、健康の森展望台から星空と眼下の街道筋を撮影。朝食後は、昨日とは逆に町の北方朝日連峰山麓、郷土の森近くの林道で、また、午後からは更にその先で付近を散策しながら撮影を行った。今日は快晴である。

眼前に広がる山すそは紅葉で燃えるようである。しかし、中腹から落葉が始まり、頂上付近は白く輝き、まるで雪のように見える。天空にかけてどっかりと座る紅い衣を纏った白帽子の山姿は、天空に描かれた大油絵のようだ。ジッと眺めていると、人の一生などまさに夢まぼろしの如くはかなく思える。

翌日はまたもや3時起床、宿近くの峠から星空の撮影である。暗闇の天空に宝石を散りばめたように星がまたたく。ここには地上に光りが全く無い。子供の時見た星空が蘇り、ファンタジーの感動が胸に湧きおこってきた。

黎明が始まり、眼前に飯豊連峰が姿を現し、霧がたなびき、太陽が上がる。山襞が輝き、雄大な山並が目前に迫る。素晴らしい地球のドラマである。この歳まで健康でこの素敵な場面に立ち合わせてくれた神に心から感謝する。

今回の撮影会では、S先生の写真にかける熱い想いにも触れ、また、同室の人達との雑談など、楽しく、写真道楽につきる旅であった。

写真をクリックすれば大きくなります。

Conv4600s_5 Conv4601s_2 Conv4602s_2 Conv4603s_2 Conv4604s Conv4605s Conv4606s Conv4607s

|

« 紅葉の裏磐梯ハイキング | トップページ | 卒業58年の高校同級会 »

旅行・地域」カテゴリの記事