« 紅葉の二十曲峠より富士を眺める | トップページ | 霧に浮かぶ渡良瀬遊水地 »

写真展の出展で思うこと

2009.11.9~14。東京銀座写真K社ギャラリーで写真展示

今回、私が入っている「コダックフォトクラブ・コスモス支部」の写真展が開催され、所属18名が2点ずつ計16点を出展した。

この会は、全員が銀塩写真の愛好家で、半数以上の人が中判以上の大型カメラを使用し、また、有名写真家のクラブに所属している。また、会の先生は永年キャノン・クラブ等で指導や審査に当たっていた方で、私は、写真の持つ感動と啓蒙を求めて入会を続けている。

テーマは「季節のアルバム」で、日本の四季の美しさを表現した写真は、いずれも見ごたえがあり、素晴らしものばかりであったが、それにも増して、皆さんが日本中を駆け巡り、特に、山中などで夜・昼問わず多少の危険など、ものともしないで撮った行動力には頭が下がるのみである。

私が当番の日は小雨の日にもかかわらず、朝から多数の方が見えられ、いろいろなご感想やご意見を述べられ、改めて写真を趣味とする方の多いのに驚いた。

考えてみるに現在は、デジタルカメラ全盛と考えるが、銀塩写真の格調高い色調には、とても及ばないのではと思う。この古典的ともいえる銀塩写真を手本とし、心に留めながらながらデジタルカメラを使いこなせば、趣味としての写真の楽しさをさらに深く追うことが出来るのではと思う。私は何時も35mmではあるが、この2種類のカメラを持ち歩いている。

私達日本人は、昔より自然との共生を大事にし、豊かな詩情と情感、それに美意識を感じてきた。感動を感じたら撮る。撮ればまた感動を感じる。そして、感性を高めることが、心を楽しく、豊かにする源になるのではと思う。

下記に私が出展した写真2点を掲示します。写真をクリックすれば大きくなります。

Conv000002029s_2 (福島県奥合津) Conv3140s_2 (京都府丹後袖志)

  せせらぎの調べ                棚田落日

  

|

« 紅葉の二十曲峠より富士を眺める | トップページ | 霧に浮かぶ渡良瀬遊水地 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉の二十曲峠より富士を眺める | トップページ | 霧に浮かぶ渡良瀬遊水地 »