« 日米開戦の日に平和を思う。大山千枚田写真 | トップページ | 2010年を迎えるに当たって日本の将来と抱負を考える »

老人ホームの叔母を慰問・夕日の写真

2009年12月28日

今年もあと僅か、今日は佐倉の老人ホームで一人暮らしをしている家内の叔母に当たる方を訪ねた。叔母は大正10年生まれの88歳、3年前には家内と3人でアラスカにオーロラ観賞の旅行に行ってくる程の元気者であったが、今春、急病で入院してから、めっきり気が弱くなった。

この老人ホームは、お医者さんも常駐し完全看護の恵まれた施設であるが、ご主人を亡くし、子供も居ない孤独暮らしのためか、訪ねて行く度に心から喜ばれる。最近は記憶も薄れがちの様であるが、それでも、過ぎ去った自分の人生を吶々と話すのが楽しみのようである。

叔母は、一ヶ月足らずの新婚生活でご主人が兵役となり戦死、その後は独立精神強く、幼稚園の先生を続けながら、お茶、お花のお師匠さん、それに、昭和20年代、まだ、車が珍しい時代マイカーを持ち、東京・熱海など職業を渡り歩きしながら女一人、気丈夫な生活を続けた。

50歳も過ぎた晩年、ホテルを経営する重役さんと再婚し、米国、スペインなどにも長く住むなど、私などと比較すると、波乱万丈の人生を送った人である。

この叔母を見ていると、短いようでも人の一生は長くロマンに満ちている。戦中、戦後の社会背景のなか、如何に逞しく生きてきたか。今のひ弱な若者の手本になるような人生である。今ひっそりと暮らす叔母を見ていると、「人生僅か50年下天のうちにくらぶれば、夢幻の如し」と詠んだ信長の句を思い出す。

時代変革・幕日の年は暮れていく。沈みゆく夕日を見ていると、来るべき年が希望の年になることを祈らずにはいられない。

Conv5300s Conv5301s Conv5303s Conv5302s

                                                                  

     

   

|

« 日米開戦の日に平和を思う。大山千枚田写真 | トップページ | 2010年を迎えるに当たって日本の将来と抱負を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日米開戦の日に平和を思う。大山千枚田写真 | トップページ | 2010年を迎えるに当たって日本の将来と抱負を考える »