« 厳冬の湖畔,富士の佇いを撮る、 | トップページ | 日本は、もっと農業の振興をはかるべき。房州の花撮影 »

ネパール・ヒマラヤを撮る旅

2010年2月15日~22日

ジョムソン街道・ナウリコットの大展望

その昔、チベットとインドを結ぶ交易路であったアンナプルナ峰を廻るジョムソン街道の、山岳写真を撮るツアーに参加した。このツアーは山岳写真家川口先生の案内によるもので参加者は18名であった。(写真をクリックすると大きくなります

Conv5500s

ポカラから空路ジョムソン空港に飛ぶ飛行機は、気象の都合で2日間待たされ、ようやく3日目に飛ぶなどハプニングの連続であった。

Conv5501s その間、ノーダラの丘で撮影を行ったが、30kmほど先にあるマチャプチャレ峰やアンナプルナ峰が夕日に染まりながら中天に浮かぶ景観は圧巻であった。7千m級の山岳の峰はまさに空に浮かぶ戦艦である。その迫力に心がおどった。

Conv5502s_3  3日目ジョムソン空港までの20分間、20人乗り程度の小型プロペラ機は、高度5千mほど、山岳の中腹を縫うように進んだが、目前にそそりたつ白亜の大岩壁と大氷河に心が奪われ、、大自然の雄大さと神秘性に思わず胸が熱くなるのを禁じ得なかった。

Conv5503s                                 目前に8156mのマナスル峰がそそりたった。戦後間もない頃日本人が初登頂に成功した「マナスルに立つ」のニュース映画が脳裏に浮かんできた。あの岩壁を命を かけて登り、あの頂きで日章旗を振ったのかと思うと、当時の感動が蘇ってきた。

ポカラからジョムソンまで歩けば数日は掛かるであろう。しかし、飛行機ならばひと飛びである。飛行 場はニルギリ峰7061m の麓、標高2800mにあり、近くにはチベット村らしき村落と段々畑が広がっている。我々はジープに分乗し、街道をナウリコットに進んだ。

Conv5506s_2

両側に山脈がそそり立ち、広い川原にある道はでこぼこ道で酷い。頭を車の天井に何回もぶっつけた。しかし、この山中にも人々の生活がある。ターバンを巻いたネパール人らしき旅人や、荷物を運ぶ馬、羊飼いの群れなど、そそりたつ雪山をバックにした街道は一世紀前の風情の佇まいである。途中、タカリ族の村に「いらっしゃいませ」の日本語の看板があるのには驚いた。

Conv5505s_3

2時間ほどで、絶景の展望地ナウリコットに着いた。目前に8162mのダウラギリ1峰がそそりたつ。この丘は標高約3千m弱、目前に5千mの白亜の大岩壁が立ちふさがり、中腹には大氷河が横たわる。突如、氷河に Conv5507s_2 雪崩が起きた。望遠レンズで見ると、雪煙の迫力がすごい。夢中でシャッターを押した。

ここにも、村があり段々畑がある。ネパールでは何処までも耕し、天に登っている。日本の耕作放置地などと比べて、大地に生きる人々の労苦に心から頭がさがる。本来ならばここのロッジに宿泊するはずであったが、来るのが遅れたため、昼食後ただちに引き返し、ジョムソンで宿泊、翌日ポカラに飛行機で引き返した。

Conv5508s

今回、トレッキングルートを歩かないで、この奥まで来て、ヒマラヤの秘境を垣間観ることが出来たことは、生涯の感動である。

詳しくはこちらのHPをご覧下さい

|

« 厳冬の湖畔,富士の佇いを撮る、 | トップページ | 日本は、もっと農業の振興をはかるべき。房州の花撮影 »

旅行と写真」カテゴリの記事