« 新緑の房総・大山千枚田 | トップページ | [カンボジア・ちいさな命たち]の写真展を見て »

中国・ミニヤコンカ連峰撮影の旅

2010・5・17~21

中国・四川省にあるミニヤコンカはチベット語で白氷雪を意味し、連峰の主峰・貢嗄山は7556mを誇り、その麓には聡長30,7kmのも及ぶ海螺溝氷河がある。今回、山岳写真家柳本氏が案内する撮影ツアーに参加し、秘境の旅を堪能することができた。ツアー人員10名で、大阪から参加の方や、80歳を越えた年配の方が、標高3400mの撮影地点で頑張り、私の心に勇気を与えてくれた。写真をクリックすると大きくなります。

Conv6100s_2 海螺溝は成都から約340km、我々の車は、長江系支流の大都河の激流を眺めながら、新緑のつづら路を登って行った。

途中、3437mの二郎山があり、近年全長4176mのトンネルが出来、それまでは、1日かけての峠越えの難所であったとか。

やがて、海螺溝森林公園入り口に着く。ここで、グリーンバスに乗り換えて、一号営地、二号営地、さらに、我々が泊まる標高2980mの三号営地に向った。

残念ながら、雨雲が低く垂れ込め、天気は最悪である。本来ならば、ここ、三Conv6102s号営地で、夕日に輝く、日照金山を撮るはずであったが、この、小雨空では無理。

しかし、薄雲たなびく緑の山並は水墨画のような美しさである。流れる雲が千変万化の絵画を演出する。日本ならば、樹木も埴えない高所が緑に包まれているのが不思議である。宿泊の三号営地から四号営地「3400m」までロープウェイに乗った。足下に海螺溝氷河が展開する。

Conv6105s氷河といっても、灰色の岩石のように見える。これは、両側の砂礫が氷河に押しつぶされ氷河を覆ってしまったからであると、ガイドさんの説明であった。

高さ1080m、幅1100mの大氷滝の眺めは壮観だ。大自然の神秘さが胸を打つ。

3400mの展望台からジグザグの急坂を、100mばかり下の氷河まで降りる。晴れていれば、氷河と貢嗄山峰の素晴らしい写真が撮れのに残念であった。

しかし、何千年か何万年かの時を超えて、形成されたこの大氷河が、あの長江の源流となって田畑を潤し、人々の命を支えているのである。

6122時々、ゴーと地鳴りのような音が聞こえる。氷河の割れる音だそうである。静かに聞き入ると地球の鳴き声のようにも聞こえる。

突如雲が流れ、上方に純白の氷滝が眼前に現れた。フアインダーで覗くとすごい迫力だ。

再び展望台まで、登るのに空気が希薄のせいもあって、息苦しく、難行苦行の連続であった。よほど籠やさんの厄介に6121なろうかと考えたが、何とか頑張り自力で登ることができた。

雲間より7556mの貢嗄山峰が一瞬、顔を出した。

1981年~1994年の間、北海道山岳隊員、千葉山岳隊員、日本ヒマラヤ協会隊の方々など多数の日本人が遭難死されているとか。山男達のロマンの夢が偲ばれてならない。

三脚を立て、夕方まで頑張るが雲がきれない。16124

しかたがないので、宿泊の三号営地まで戻り、ホテルの屋上で再び、三脚を立てる。

すると一時、薄雲をたなびかせて、7千mの高峰が雄姿を現す。

6125

貢嗄山の隣にミニヤコンカの三連峰(6468)が雲間に浮かび上がってきた。

3千mの高地なのに新緑が眩しい。日本では考えられない光景である。

翌日、四号営地から、再び来た路を引き返した。

Conv6109s途中、労街星星村に立ち寄りスナップ撮影を行った。

この村は、かって、雅安からインドに至るルートのシルクロード宿場街として栄えたとのことで、往時の面影が随所に偲ばれた。

住民の60%が少数民族のイ族で、後はチベット族の人達だそうである。

Conv6110s_2ニーハオと呼びかければ、皆ニコニコと寄ってくる。手振り見真似と片言での会話がはずむ。

不老長寿の薬を並べて、自分の長寿を示すドクターと称する薬やさんや、靴の修理やさん。暖かい心が伝わってくる。

屋外で一緒にご飯を食べている家族。子供達も可愛らしく、平和な桃源郷のような雰囲気を持つ村落であった。

今回の撮影ツアーの目標は、秘境に佇むヒマラヤにも匹敵する高峰の夕照の輝きを撮ることであったが、残念ながら天候に恵まれなかった。しかし、5日間という短い期間であったが中国の奥深く、3400mの高所で観た風景は、深く、私の心の感動として、生涯に刻み込まれるであろう。ご同行の皆様には深く感謝する次第です。  詳しくはこちらのHPをご覧下さい

 

|

« 新緑の房総・大山千枚田 | トップページ | [カンボジア・ちいさな命たち]の写真展を見て »

旅行と写真」カテゴリの記事