« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

信州・高原に秋の気配・幼き頃の想いでが重なる

2010.8.25  信州・霧ケ峰八島湿原散策

今年は酷暑の連続で、35℃以上の猛暑日が新記録になりそうだとか。涼秋を求めて八島高原の奥霧ヶ峰から鎌ヶ池を一周した。暑さのなかにも高原の秋を感じる心地良い散策であった。

152 湿原入り口から、右回りで木道を行くと黄色の花畑が広がり続く。オミナエシは姿が優しく、しなやかで女郎花ともいわれる。高層湿原の彩りが美しい。

また、所々盛りを終わったヤナギランが白い綿のような穂をつけて群生し、サラシナショウマや、3~4cmの赤い花をつけるアサマフロウなども目を愉しませる。

079 鎌ケ池近くにヤマトリカブトが咲いていた。猛毒な植物であるが、紫鮮やかで女王の風情である。

湿原の東側・雪不知に石器時代の遺跡がある。1万年もの昔、この、山深い高地に我々の先祖が暮していたのかと思うと不思議な感動を覚える。

054 しばらく行くと華やかなシモツケソウが咲いていた。もう、終わりの時季なのに今年は暑さが続くためか、花も戸惑いながら咲いているのでは。

もう少し、早い時期ならば、近くの蝶々深山にマツムシ草の群生が見られたのであるが、それでも、処々ヒッソリと咲く可憐な紫の花に心が和んできた。

065 湿原のススキを観ると、秋の気配を肌に感じる。「土用の半ばに秋風ぞ吹く」、歳を重ねる毎、時の流れが殊更心に滲みる。

やがて、2000m近い高原は秋から一足早い冬に包まれ、白一色となっていく。

173 里に降りると、まだ、田圃は青々とし、稲の穂がずっしりと重く、夕日で染まる田園が美しい。

戦中・戦後の子供の頃、父と一緒に耕し、田植えをした頃が想い出される。陽の沈む頃、蛙の合唱が賑やかだった。やがて、星明りのなか蛍が飛びあい、漸く、家路につく。

激しい農業労働のためか、父は62歳で逝った。私は父の余命を貰って、80歳に近ずくまで生きてきた。親のありがたさが心に滲みる。

099   当時、我が家は祖母・両親と妹3人、私と7人家族。祖母は慶応元年生まれ、慶応5年、錦の御旗を打ち立てた官軍が、甲州街道を江戸に向って進軍した時の様子を微かな記憶のなかから話してくれたのを思いだす。

祖母は明治・大正・昭和の激動の時代をどのように感じていたのであろうか。ほりの深い端正な顔だちの祖母は終戦の年、7月敗戦も知らずに逝った。

一週間前まで元気で畑仕事をしていた祖母は、ひ弱な私によく言った。「人生は七転び八起き決して負けるな」と。

私も家族も、今は亡き祖先の労苦によって成り立っている。

私は田園を旅するのが好きである。田園は心の故里でもあり、幼き頃の想いでが蘇り、心を癒す楽し風景である。

                 

| | コメント (0)

高原列車・小海線を撮る。終戦の日に想う。

2010・8・5日&13日

小海線は中央線小淵沢駅から、しなの鉄道小諸駅間79kmを結ぶ、八ヶ岳・高原線であり、また、途中、野辺山駅は標高1354mのJR線最高地点でもある。今回は、写真大好きツアーに参加し、また、再度訪れて撮った写真である。(写真をクリックすると大きくなります。)

W3 小淵沢を出発した小海線は諏訪方面に向ってから、大カーブして甲府方面に戻りながら甲斐小泉駅に向う。

此処は絶好の撮影ポイント、気象条件が良ければ背後に雄大な甲斐駒ケ岳が浮かぶ。

今日は雲に覆われて見えない。しかし、夏雲浮かぶ高原には、爽やかな微風が身体を撫ぜ、気分爽快である。

W_020 田園の田圃は青々としながら、秋の稔りに向っている。緑の中をゴトゴト走るローカル線に長閑なやすらぎを覚える。

今、日本の食糧自給率は40%を割っている。異常気象の進行と人口増加で食糧事情は逼迫していく。食生活の改善と、農業の振興が急務と考える。

W_019 小海線が全通したのは、1935年(昭和10年)であり、1972年まではC56形SLが運行されていたそうである。

現在はハイブリッド気動車、運行は1~2時間に1本。清里、野辺山付近は若者に人気のリゾート地。

また、付近は高原野菜の産地。道路端には観光客目当ての小店が立ち並ぶ。

W_069 清里大橋を渡ると、左側に吐竜の滝があり、川俣川東沢渓谷となっている。この時期、緑の涼風を求めて、子供ずれの観光客で賑わっていた。

川俣渓谷は、八ヶ岳山麓の代表的な渓谷で、赤松、ツガ、ミズナラ、カエデなどの天然樹が繁茂する素晴らしい渓谷である。

W_046_2 付近には、川俣川を取り入れとする村山六ヶ村堰があり、この堰は寛永16年(1633年)頃開削されたとあり、歴史の跡をも感じる渓谷である。

列車の乗客も窓辺から、一瞬の渓谷美を堪能したことであろう。

W_057 野辺山は、JR最高地点である。花園を通る列車に香りの風情を感じるのは、私だけか。

今回は、残念ながら気象の関係もあり、八ヶ岳をバックにした列車が撮れなかったが、秋には、再挑戦したい。

今日は終戦記念日。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・・」昭和天皇の玉音が未だに耳に残る。私は当時、14歳工業学校1年生のときである。山梨の片田舎で聞いたあの一瞬は、死ぬまで脳裏に残るであろう。

あれから65年、先日、NHKテレビで満蒙開拓青少年義勇軍のことが放映された。私も一時憧れ、満州の荒野を走るアジア号、夕日に染まる開拓村のニュース映画にも刺激されて父に話すと猛烈に反対された。

15~16歳の少年達が敗戦の中、軍隊にも見放され、凍土のなかをさ迷い、8万6千人の義勇軍のうち2万人が犠牲となったとのこと。地獄の苦しみを耐え抜いた方々の話を聞きながら、当時、応募された先輩達を思い出し心が震えてきた。

平和ほど尊いものは無い。これから、何十年、いや、何百年、可愛い孫達の将来にに想いをはせながら平和を祈るこの日であった。

| | コメント (0)

私のお気に入り写真ー八方尾根と奥入瀬

今年は連日暑い日が続き、ついつい、出掛けるのも億劫になってしまった。そこで、過日八方尾根と奥入瀬渓流に行った時のポジフイルム写真のなかから、お気に入りの写真を投稿する。写真をクリックすると大きくなります

6地球の夜明けが始まる壮大なドラマを感じる。現代はデジタルカメラ全盛の時代であるが、やはり、フイルム写真の色調には及ばないのでは。

8 八方尾根から白馬鑓ヶ岳。旭日に照らされた荘厳な山岳美を感じる。

4011 雲間に浮かぶ後立山連峰の美姿。悠久の流れのなかに人の世は一瞬の夢。

3新緑の奥入瀬渓流。 セセラギが胸をうち、涼風が頬をなぜ、悩みつらみも流されていく。

11 瀬に鳴り淵に咽びつつ奥入瀬の水歌うなり・・・と佐藤春夫氏の詩が心に浮かんでくる。

カメラを片手に旅をする。まさに、カメラは健康の友である。命のアル限り続けたいと思う。

ところで、参議院選挙後の菅首相の言動を見ていると、何となく覇気が感じられない。自分の信念を堂々と吐露し、国民を納得させる熱情が欲しい。確か先日のテレビ討論であるが、かってGDPが440兆円の時、税収は58兆円あったという。しかし、現在440兆円のGDPに対して税収は38兆円とか。この間減税を続けてきたが景気は一向に良くならない。

今後とも、経済成長は期待できない。しからば、税制改正により国の経済を再構築するより方法がないと思う。今こそ首相は選挙前の言葉を強調すべきではないか。

| | コメント (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »