« 八ヶ岳山麓及び富士周辺の秋彩・散策 | トップページ | 駿河湾に聳える富士を見ながら独り言 »

南信州・阿智村の里・原風景

2010・11月17日~18日

クラブツーリズムの撮影ツアーで、南信州阿智村を訪ねた。村の観光PRに大変尽力された写真家杉本恭子氏の案内で、素晴らしい撮影ポイントを廻ることができ、楽しい旅を満喫できた。

ここは長野県と岐阜県との県境、春は桜花に包まれ、秋はコスモスや柿と紅葉、南アルプスの麓に抱かれた懐かしい想い出が漂う田園の里である。写真をクリックし、大きくして見てね。

001 中央道・園原ICで降りて、伍和の里に向かった。今は合併で阿智村となったが、その前は村として独立していた。

田園の中に大柿の樹が散在している。青空に立ちはだかる満開の柿の実が鮮やかだ。

子供の頃柿木に登り、ほほばった甘い記憶が蘇る。

008 この柿は立石柿というそうで、もう少し経つと柿の色艶が透明になり、見事な色あいになるとか。

しかし、種類によっては、もう、収穫が始まっているようで、皮を剥いたつるし柿が至る処にぶら下がっていた。

緑の竹林に包まれた柿の樹と、背後の紅葉のコントラストが目に滲みる。

042 私の生まれ故郷、子供の頃、家の庭先に大きな柿の木があった。祖母と庭先で皮を剥き干し柿にした。白い粉のふいた甘い味が懐かしい。

柿の実の彼方に南アルプス連峰が佇む。3千m級の山頂は初冠雪で、冬の到来が真近い。

季節の流れが身にしみる寂寞の原風景である。

023 突然の突風で紅葉の花吹雪となる。ひらひら舞い降りる無数の姿に何か哀愁を感じる。

人生は永いようで短い。戦後の混乱期がまだ残る頃、高校を卒業。夜間大学で頑張り、充実の会社生活も終わり、今は、もう人生の終焉に向かっているわが身と重ね合わせる紅葉吹雪である。

写真を大きくすると紅葉吹雪が見えます。

016_2 010

092

当日は昼神温泉に宿泊。なかなか立派な温泉郷である。大きなホテルもあり、名古屋方面からの温泉客で賑い、朝市もある。

翌日は中津川渓谷から、紅葉の付知峡に向かい、滝や川辺の撮影である。

060 112

杉本先生によると、感動ある写真とは、

1.リズム  良い構図

2.空気感  遠近感・流動感など

3.物語性  過去、未来を暗示させる。

写真とのことである。

今回の撮影旅行では、物語性、過去を感じさせる私の子供の頃を想い起こさせる懐かしい原風景の旅であった。

|

« 八ヶ岳山麓及び富士周辺の秋彩・散策 | トップページ | 駿河湾に聳える富士を見ながら独り言 »

旅行と写真」カテゴリの記事