« 冬のモンブラン山系撮影の旅 | トップページ | 春爛漫に原発の放射能を思う »

中国・芭石鉄道SLの旅

2011・3・09~13              詳しくはこちらHP海外の旅

成都空港から東南に約130km、大仏で有名な楽山市に向かった。翌朝楽山近郊の芭石鉄道・石渓駅でSLに乗車。途中下車して写真を撮りながら、終点の芭溝駅まで乗車した。

沿線は今、菜の花が満開。その中を小さなSLが走り、棚田で働く農村風景はおとぎの国のようであった。しかし、旅の途中で東北・関東大震災を中国のテレビで知り、上海空港で足留となるなど、忘れられない旅となった。2週間近く過ぎた現在も、その惨禍と放射能に心が痛むばかりである。写真をクリックし大きくして見てね。

3_082 芭石鉄道は延長19,8km、レール幅762mm、主として石炭を運ぶローカル色豊かな可愛らしい鉄道である。

片道1時間10分、途中6箇所に駅があり、通常便は一日4往復、主として炭鉱からの石炭を運ぶが、沿線農村の重要な足にもなっている。

3_093 撮影ポイントは、現地写真家の張翔氏が案内。中国の写真マニアも三脚を並べて、列車の入ってくるのを待っている。

遠く、菜の花畑の彼方から、汽笛が鳴り、白煙と共にSLが姿を現す。

子供の頃の遠い記憶が蘇り、感動が波のように押し寄せてくる。

3_135 一両目が客車、あとは空の無蓋車、帰りには炭鉱からの石炭を積んで戻ってくる。

煙をはきながら、あの吼えるような汽笛が心に響く。まるで、生き物のようだ。

3_329 沿線の途中駅、蜜蜂岩駅には、スイッチバックもある。

かって、子供の頃中央線にも幾つかのスイッチ・バックがあった。窓から眺める後戻りの風景が懐かしい。

上り坂では、下からも猛烈な蒸気を吹きながらあえぐように上る

3_224 沿線にはトンネルが6箇所ある。トンネルの中では、もうもうとした煙に包まれる。

トンネル出口のSLは煙のなかから這い出し、やっと息をついたようにみえる。

煙に包まれる機関士は大変な思いであろう。

3_341 終点の芭溝駅の先に黄村井駅があり、炭鉱に直結されている。しかし、現在は立ち入り禁止である。

芭溝駅周辺は、現在でも2000人が暮らすかっての炭鉱街。

毛沢東の時代、瓦屋根が特色の英国村落のような風光明媚な建築家屋が、今は古色蒼然と立ち並んでいる。

3_576 芭溝駅のホームには、客車編成の列車に乗り込む村人達で賑わっていた。

この鉄道は、沿線の人達の重要な足でもある。

この村の風景と、次の撮影地小型電気機関車と、農村風景は、いずれホームページに発表するつもりですので、その時は見てね。

中国から帰り、東北関東大震災には仰天するばかり。20m近くの大津波は、まさに夢想だにしない青天霹靂であった。しかし、原子力発電所がこれに耐えられなかったとは、痛恨の極みである。しかし、この、苦難を乗り越えて科学技術を前進させなければ国の未来はないのではと思う。罹災者に心からお見舞いを申しあげます。

|

« 冬のモンブラン山系撮影の旅 | トップページ | 春爛漫に原発の放射能を思う »

旅行と写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のモンブラン山系撮影の旅 | トップページ | 春爛漫に原発の放射能を思う »