« 富士山から昇る月を眺める | トップページ | ラストシャングリラ・中国秘境の旅 »

初秋の富士山一回り小さな旅

1911.9.19 および9.22

大月市に実家があるため、帰郷のたびごとに富士山周辺を散策しているが、そのつど、美しい風景に感動し、季節の移ろいが心に滲みこむように湧いてくる。

017_3 忍野村から眺める里山の風景は 日本の原風景を感じさせる。

まだ、稲の刈り取りは行われず黄金色の稲穂が波打っている。

野辺に腰をおろし眺める風景は一幅の名画である。

015 今日は雲が多く、富士山もそう毎日は顔を出さない。

精進湖、本栖湖を通り田貫湖に向かう。

ダイヤモンド富士で賑う、この湖も、今は静寂そのものである。

青く澄んだ湖面を眺めていると、その昔、高峰三枝子の「山の寂しい湖に一人きたのも・・・・」と口ずさんでくる。

012

富士の伏流水が糸のように流れ落ちる白糸の滝は壮観である。

緑の樹木をぬって、苔むす岩盤を蹴りながら、白き妖精のように乱舞しながら、流れ落ち、人々の命の源となる。

069s 9月22日、松ヶ丘写真クラブの仲間達と旅行会社企画の撮影ツアーに参加した。

富士市の雁堤に彼岸花が満開であった。関東地方を襲った大型台風は、今朝方通り過ぎたが雲が厚い。

富士川の堤防は目も覚めるような赤絨毯で染められていた。

087s_2 夕刻近く、空が真っ赤に染められてきた。天も地も茜色一色。天然の一大絵画が眼前に繰り広げられた。

うたかたの一瞬、夢の世界のような、幻覚ようにもみえた。

思えば、会社生活は昨日のようでもあり、遠い昔のようでもある。自由人になって十余年。これもまた、うたかたのようでもある。

大震災で家族を失い、家を失い失意のドン底にいる人を思うと、感謝の毎日である。

孫達の将来にも渡って、日本の繁栄が続くことを願いながら、祖先のことを考える一日であった。

|

« 富士山から昇る月を眺める | トップページ | ラストシャングリラ・中国秘境の旅 »

旅行と写真」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の富士山一回り小さな旅:

« 富士山から昇る月を眺める | トップページ | ラストシャングリラ・中国秘境の旅 »