« 晩秋の八ヶ岳高原 | トップページ | 晩秋の富士山を眺めながら独り言 »

素晴らしき晩秋の北アルプス

2012.11.4

この時期北アルプスの峰々は新雪で覆われ、秋彩の衣を履き、一年のうち最も華やかな佇まいとなる。千国街道大町から小川村に入ると感動の風景が連綿と続く。北アルプスは私の胸をうつ最も素晴らしい山峰である。

054_edited1                       新雪の山襞が美しい 蓮華岳(2799m)

148_2                 小川村から望む鹿島槍ヶ岳(2889m)、五竜岳(2814m)

155_3        青空に聳える白馬鑓ヶ岳(2903m)、杓子岳(2812m

184_3            小川村は秋彩の真っ盛り、背後に白馬三山。錦絵のようだ。

196_2       静寂の山間に季節が流れ、もうすぐ八方尾根も雪に閉ざされる

227_2         白馬村・松川渓谷から後立山連峰の威容

261        白馬岩岳・ねずこの森ブナ林を透して眺める白馬の峰

大河ドラマ平清盛を私は毎週楽しみにしている。一介の下層武士から国の頂点に立つ壮大なドラマである。日宋貿易で国を富まし人々の生活を豊かにするとの理念で宮廷政治に立ち向かう姿は感動的である。

しかし、やがて独善的になり、後世の人々から反感を買う一面もあったが、その強烈な実行力は頼もしい限りである。現在の信念無き政治家は見習うべきと思う。

|

« 晩秋の八ヶ岳高原 | トップページ | 晩秋の富士山を眺めながら独り言 »

旅行と写真」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の八ヶ岳高原 | トップページ | 晩秋の富士山を眺めながら独り言 »