« 二十曲峠より厳冬の富士 | トップページ | 菜の花に染まる房総の鉄道 »

白銀の後立山連峰

2013・3・4日撮影

人の歴史など45億年地球の誕生に比べれば、瞬きに過ぎない。遥かなる雪山を眺めれば悠久の感動が胸に鳴り響く。(画面をクリックし大きくして見てね

S201   白馬大橋から雪原にそそる白馬連峰。秋からの移ろいが侘しい。

S276   白馬・岩岳から雄大な鹿島・槍ヶ岳がそそり立つ(2889m)

S090    人を寄せ付けない神秘の佇まい。2mを超える積雪の唐松林。

S_075      白銀に包まれる後立山連峰の大展望。言葉も失う大迫力。

S_135     天気晴朗。白銀に舞う若者達のエネルギーが懐かしい。

S_114     岩岳山頂のブナ林。厳寒を逞しく生きる生命力に感動。

045s   白馬村の夜明け。雪山が朝日に染まる。里山の原風景がここにある。

東日本大震災から調度2年。奥さん。可愛い娘さん。それに両親を亡くされた被災者が笑顔でマイクに向かって歌う姿を見て、涙が止まらない。

遅れがちな復興が軌道に乗り、被災者の皆さんが希望を持ち、少しでも笑顔が戻ってくることを心から願ってやまない。しかし、先の見えない原発事故処理も含めて必ずや人間の英知で困難を克服するものと確信している。

「上を向いて歩こう」雪山は何時も優しく人間社会に呼びかけている。

|

« 二十曲峠より厳冬の富士 | トップページ | 菜の花に染まる房総の鉄道 »

旅行と写真」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二十曲峠より厳冬の富士 | トップページ | 菜の花に染まる房総の鉄道 »