« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

新緑の鳥海山麓を巡る旅

2013.5.14~15日

新緑が眩しい里山に、雪解け水のせせらぎが潤い、残雪の名峰が中天に輝き、美しい感動の光景が醸し出されていた。

060

鳥海山は日本海側から真近に聳える2236mの独立峰。麓の秋田県・象潟(キタカタ)町・九十九島は、水田の合間に小さな丘が散在する独特の風景。

048 田植の終わった田圃には浮き苗直しの人達もあちこちに見られ、懐かしい里山の風景が心に滲みる。

259_2 山形県の庄内地方は日本有数の米どころ、鳥海山の湧水の恵みは、コシヒカリ、ヒトメボレなど日本有数の特選米を産出する。(遊佐町)

244_2 此処は今菜の花が満開。黄金色の絨毯が日本百名山を彩っている。

158_2 鳥海山の雪解け水は山麓の至る処から湧き出し滝となり、せせらぎとなり、人々の生活を潤っている。

195 秋田県・にかほ市・象潟町の「奈曾の白滝」

写真大好きの仲間達4人と東北の名山を撮るツアーに参加した。
新緑を眺め、春風の奏を聞きながら、の写真談義は心楽しい旅であった。

旅から帰ると、私の終生の先輩であったS氏の不幸の知らせが待っていた。

入社時から、指導と励ましを受け、常に穏やかで温厚篤実の人柄は私の終生の範であった。残念でならない。心からご冥福をお祈り致します。

安倍総理は、成長戦略の一つとして農業生産を倍増させるとの戦略を発表した。まさに、時宜を得た発想である。

従来の農家主体ではジリ貧である。農地法を改正し、土地の法人化を可能とし、企業経営にしなければ未来は無いものと思う。資金的にも技術開発にしても個人農家では無理であろう。

| | コメント (5)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »