« 新緑の鳥海山麓を巡る旅 | トップページ | 八島ヶ原湿原に高山植物花盛り »

あやめが真っ盛り、水郷・佐原

水郷佐原・水生植物園は6月下旬まであやめ祭りで賑わっている。写真クラブ松ヶ丘フォトクラブのメンバー16人で6月8日花の撮影に行ってきた。

002

約6ヘクタールの園内には150万本の花菖蒲が咲き乱れていた。

400種類もある花々は色トリドリ。大勢の観光客の目を楽しませている。

ここ佐原・新島は従来十六の島が集まって集落を形成されていたそうである。

273 島と島との間は水路が流れていて、交通手段として笹の葉に似た「さっぱ舟」が農家の間に使われていたとか。

今は殆ど埋め立てられいるが、一部に昔の面影を残しその情緒を感じることが出来る。

当日は土曜日とあって、「嫁入り舟」や国の重要無形文化財の「佐原囃子」

107_2 も出て,大勢のカメラマン達も大忙し。

嫁入り舟応募の新郎新婦には、観光客からお祝いや励ましの言葉が飛び交い、華やかな雰囲気に包まれていた

今日は、仲間達と楽しい一日を過ごすことができた。

017_2安倍総理は一人当たりの国民総所得(GNI)を10年後に150万円増やすと云っているが本当に可能だろうか?

そのためには、年3%の成長が必要だそうであるが。

成長を維持するためには需要が必要と思うが、今後、日本は少子高齢化が進み、若者が少なくなるのに需要を増やす事が出来るのであろうか?

米国が年5%のインフレで日本が0%の場合6年間で米国の物価はは30%上昇する。したがって30%の円高は日本と米国の物価の価値が等しくなるように調整されたものと思う。

このように考えると、日本の貿易黒字が減少したのは為替のせいではないと思う。

|

« 新緑の鳥海山麓を巡る旅 | トップページ | 八島ヶ原湿原に高山植物花盛り »

旅行と写真」カテゴリの記事

コメント

佐藤さん今日は、水郷.佐原へは3年前に行きました。
あやめの種類が多いことが印象に残っています。
丁度いい時期に良い写真が撮れましたね。

投稿: komakusa | 2013年6月26日 (水) 11時44分

コマクサ様コメント有難うございます。調度あやめが満開で素晴らしかったです。

投稿: 佐藤 | 2013年6月26日 (水) 17時09分

あやめの浮世絵「葛飾北斎」 
自然の 風 空気 時間 までを表現しようとしたそうです
ファンタスティツク メルヘンタッチ
このお写真は日本の美しさ 花鳥風月 心温まる原風景
新婦の白無垢姿♪潮来花嫁さんは船で行く♪
そんな歌が聞こえてきそうです。
本当に日本に生まれて良かった と想わせる貴重な絵画です。
延年転寿 いろんな経験してきたからこそ あなたの 今が
あるのです。すべてに感謝しましょう「瀬戸内寂聴」

投稿: 石原まや | 2013年7月 6日 (土) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑の鳥海山麓を巡る旅 | トップページ | 八島ヶ原湿原に高山植物花盛り »