« 2013年6月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年7月

富士山は心のふるさと

2013.7.18

今年は例年に無く厳しい暑さが、早々とやってきた。しかし、ここ富士五湖地方は涼風が肌に優しく、富士山はいつ観ても美しい。

034 子供の頃は山梨に住み富士山は、身近で見慣れた風景であった。

しかし、遠く離れるようになったせいか、富士山は心の故郷のようになってきた。

終戦直後、下駄スケートで凍る河口湖に、また、夏には岸辺で泳いだ記憶が懐かしい。

私が富士山に登ったのは高校3年のとき、富士吉田駅を夜の8時頃出発し吉田登山道の馬返しを通り、5合目までかなりの距離であった。

013_2昭和27年、まだ食料も十分でなく、草鞋履きで、7合目あたりでかなり草臥てきた。

見上げると8合目、9合目がすぐ目の上にあるが、中々近かずかない。

友人5~6人の中で私は遅れ勝ち、励まされ、怒られながらの登山が懐かしい。

007 しかし、8合目のご来光は今でもハッキリと脳裏に浮かぶ。

雲棚引く雲海から、一辺の後光が輝き、たちまちにして太陽が半身を現わし、真紅に染めながら下界を照らし出した。

崇高な 、身の締まるような感激の一瞬であった。

頂上に立ったときはへとへと、それ以外の記憶が殆どない。そのときの友の半数は黄泉の国である。

038_2 私は、それ以来富士山登山はしていない。

会社生活を終わって60才半ば以降、体力に自信が持てず、とうとう登山しなかったのが残念である。

今年、富士山は世界遺産になり、登山者が激増したとか。
この日も、富士スバルラインは満車で通行規制、の表示。

戦争末期、B29の編隊が銀翼をきらめかしながら、駿河湾から富士山を目指して進入してきた。富士山は昔も今も変わらぬ姿で時代を眺めている。

044

| | コメント (2)

八島ヶ原湿原に高山植物花盛り

2013.6.30

信州霧ヶ峰高原の北西に位置する八島ヶ原高原には、1万2千年の時を越えて堆積した泥炭層の湿原に、初夏の花々が満開に咲き誇っていた。標高1600m、周囲約4km、季節の訪れを感じながらの散策であった。

096  明け方発生した霧が薄らぎ、新緑が眩しい湿原が目前に展開した。

202  真紅のレンゲツツジ、純白のコバイケイソウが緑のなかに咲き乱れる。

062       草花が奏でる幻想の湿原は、天然の芸術である。

113        微風に吹かれてコバイケイソウが踊っているようだ。

076        水辺にひっそりと濃紫のあやめも咲く。

222   ここは国指定天然記念物で高山植物の宝庫である。 グンナイフウロ

234               真っ赤に燃えるレンゲツツジ

7月は参議院選挙、国の行方を決める大事な選挙であるにも拘わらず、投票率は、良くて50%程度ではないかとのこと。

常々思っていることであるが、NHKは、国民を啓蒙するためにも政治・経済に関する討論などの番組を充実すべきではないか。料金を取りながら民放と同じような内容とは情けない。

与党も野党も甘いことしか云わない。NHKこそ有識者を結集し、苦いことも提言し、国の将来のあり方などの世論を起こしてもらいたい。

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年2月 »