« 菜の花畑の小湊鉄道・いずみ鉄道 | トップページ | 棚田に映える白馬の雪山 »

飯豊連峰・山麓の桜花爛漫

2014・4・26~27

大雪など、特に寒かった今年の冬も終わり、我が家の周りは、はや新緑の季節。桜風景の名残を求めて、北国の撮影ツアーに参加した。

Dpp_0060s山形新幹線の米沢から車で1時間、飯豊連峰・麓の村々は今春満開である。

小国町飯豊温泉山荘付近から眺める飯豊連峰・雪山と桜

012_2

 

 

小国町は飯豊・朝日両連峰に抱かれたブナなどの広葉樹の森が広がる全国有数の豪雪地帯である。

011_3

今年は特に雪が多く、通行止めのため、飯豊連峰のビューポイント樽口峠に行けなかったのは残念であった。しかし、麓から見る桜に彩られた雪山の姿は素晴らしかった。

白鷹町から眺める朝日蓮峰と桜。

020_6 近くには樹齢800年、樹高20mの天然記念物「釜ノ超さくら」や樹齢1200年といわれる「薬師さくら」がある。

また、この地は八幡太郎義家が居陣した地とも伝えられている。

支柱で支えられたエドヒガンサクラの歴史を感じる古木である。

196_3

Dpp_0077_4 田園にはまだ残雪が積り、背後の飯豊連峰は雪山である

081_5

Dpp_0001_2

白い森おぐに湖に夕陽が落ち湖面のヤナギの樹木が幻想的に輝く

今回はペースメーカー手術後、はじめての遠出でやや不安を抱えての旅であったが、何事もなく久しぶりの楽しい旅であった。これを良い機会として活気ある人生をおくっていきた。

|

« 菜の花畑の小湊鉄道・いずみ鉄道 | トップページ | 棚田に映える白馬の雪山 »

旅行と写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜の花畑の小湊鉄道・いずみ鉄道 | トップページ | 棚田に映える白馬の雪山 »