« 厳島神社に詣でる | トップページ | 秋彩の西穂高・鍋平高原 »

棚田は彼岸花で赤く染まる

2015.9.22

千葉県鴨川市の大山千米田は今彼岸花に彩られ、大勢の観光客で賑っている。久し振りの快晴に誘われ、カメラ片手に散策のドライブに行ってきた。

Img_1761
面積約4ヘクタールの斜面に、370枚ほどの階段式の棚田があり。美しい里山風景は千葉県指定の名勝地ともなっている。

Img_1777
今年は、雨が多かったせいか見事な咲き具合である。

Img_1707
棚田は遠い祖先から、血と汗で守ってきた結晶である。貧しき時代の想いが偲ばれる懐かしい風景でもある。

Img_1781
Img_1714

日本には何個所か棚田が残されている。

戦中戦後、牛馬と手作業での米造りは想像を絶する重労働であった。

月明りに照らされて田圃を耕している遠い昔の父の姿が思い出された。

Img_1671

ベンチの涼風が心地よい、隣の老夫婦が話しかけてきた。

都内から観光バスで来たとのこと。一眼レフカメラが不慣れで操作がよくわからないことのこと。

仲睦まじく語り合うご夫婦を眺めていると亡き妻が心に浮かんでくる。

近くの久留里街道を通りかかると、真っ赤に染まる広大な彼岸花畑を見つけた。

Img_1678

Img_1682


彼岸花は別名曼珠沙華。「赤い花なら曼珠沙華、オランダ屋敷に雨が降る」。

妖艶な姿は、エキゾチックな神秘性を感じる。

一方彼岸花は亡き人の思い出を募らせる。もの悲しい花でもある。

秋が足速やにやってくる。もうすぐ、紅葉真っ盛りの季節である。この歳になると時の流れが、ばかに速い。元気でカメラの旅を続けたい。

|

« 厳島神社に詣でる | トップページ | 秋彩の西穂高・鍋平高原 »

旅行と写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棚田は彼岸花で赤く染まる:

« 厳島神社に詣でる | トップページ | 秋彩の西穂高・鍋平高原 »