« 花のわたらせ渓谷鉄道 | トップページ | 新緑の上高地散策 »

白馬里山に桜満開

北アルプスの雪山をバックに桜満開。白馬の里山は今絶景を迎えている。写真の旅は楽しい.(写真をクリックすると大きくなります)

H.28.4.20~21日撮影

Img_4888

白馬村と長野市の中間に位置する小川村は、白馬三山の絶景地点。目前の雪山に心が躍る。

Img_4901
山里の空気は格別である。やや遅い春のひんやりとした微風が胸に滲み、長閑な風景が目を潤す。

Img_4427
2014年11月22日、小川村で震度6弱、白馬村で震度5強の地震が発生し、重症者10人を含めて負傷者45人、住宅全壊31棟、半壊17棟の被害が発生した。

Img_4613至る所、山崩れの跡の地肌が痛々しい。

道路の一部欠損箇所で復旧の重機が働いているなどそのツメ跡が随所に見られた。

それから、一年半、49名の命を奪った熊本地震。ご冥福をお祈りします。

美しい桜を観ていると、大自然の脅威がウソのよう。

Img_4502_3

人生は感動に生きる。美しい景色は美人を眺めると同様、ときめきを感じる。

旅に出れば病も逃げる。車中や宿では仲間と話が弾む。自慢話も活力の元。

年はとっても、白髪でも気持ちは30、40代ボケに縁はありません。

私は、週3~4回プールに通い、水中歩行、アクアビクス、泳ぎ等2時間ばかり鍛えてくる。

お蔭で、80台半ばになるが腰も膝も丈夫で軽いハイキングなどOK.

プールでは90%が女性で元気がよい。よくしゃべりよく笑う。男性も見習うべきである。



Img_4412
五竜岳の武田菱.。白馬の雪形は春の季節に現れ、種まき爺さん、婆さんなどの雪形は農作業の目安にされるそうである。

Img_4805_2

小川村。番所(関所)の桜。
ベニシダレ。樹齢約60年。一度に咲かないのがこの花の特徴で、日毎に花色が変化すると説明板があった。

また、付近には、立屋の桜や、桜山と呼ばれる鈴木家所有地のシダレが満開で、北アルプスの雪山を遠望しながらの観賞は心晴ればれ。

Img_5045
村外れ、小さなお堂と満開の桜。眺める程ににやすらぎが湧いてくる。今回の旅は、地元の写真家O先生により、撮影スポットを案内して頂いた。さすが見どころの場所ばかり、種々お説の拝聴も楽しく、素晴らしい旅でした。

|

« 花のわたらせ渓谷鉄道 | トップページ | 新緑の上高地散策 »

旅行と写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花のわたらせ渓谷鉄道 | トップページ | 新緑の上高地散策 »