« 2016年5月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

初秋の乗鞍高原散策

2016・9・30-10・1日

当日はあまり天候にめぐまれなかったが、3ヶ月ぶりの旅を味い写友ともふれあいながら、心楽しい旅であった。
乗鞍ははや秋の訪れ、常緑針葉樹のシラビソやコメツガの緑と、真っ赤なナナカマドが美しいコントラストを添え感動の眺めであった。

227

小雨の中、2500m付近は黄葉たけなわ。

087

凛としたまっかなナナカマド。

錦を纏った晴れ姿が連想される

097

色付き始めた白樺の中にナナ

カマドが色模様を染める

233_2今年は相次ぐ台風のため、葉

や実が痛んでいるが、それでも小雨の中シットリと美しい

076
まいめの池にはタケカンバの樹林が生い茂り、天候が良ければ乗鞍岳が映し出されるそうである。小雨の池に静寂が漂う。

1862
霧が晴れ、一瞬の景観。畳平(2700m)から眺める重々たる山並みと雲海は、心洋々とする感動の景観である。まさに天下に甲なり。

121三本滝の流れ

この滝は、番所大滝、善五郎の滝とともに「乗鞍三滝」と呼ばれる。

水源が異なる三つの滝が一か所に合流しているのが特徴で、高さは50~60mとのこと。

写真は3本のうち左側の滝で、溶岩の岩肌を

豪快に落下するのが見事である。

239
春に北アルプスの桜の写真を撮りに行ったかと思えば、もう秋の気配。四季の移ろいは速く、人生は短く感じるこの頃である。旅を楽しみ元気に老いていきたいものである。

| | コメント (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年11月 »