風景写真

富士山は心のふるさと

2013.7.18

今年は例年に無く厳しい暑さが、早々とやってきた。しかし、ここ富士五湖地方は涼風が肌に優しく、富士山はいつ観ても美しい。

034 子供の頃は山梨に住み富士山は、身近で見慣れた風景であった。

しかし、遠く離れるようになったせいか、富士山は心の故郷のようになってきた。

終戦直後、下駄スケートで凍る河口湖に、また、夏には岸辺で泳いだ記憶が懐かしい。

私が富士山に登ったのは高校3年のとき、富士吉田駅を夜の8時頃出発し吉田登山道の馬返しを通り、5合目までかなりの距離であった。

013_2昭和27年、まだ食料も十分でなく、草鞋履きで、7合目あたりでかなり草臥てきた。

見上げると8合目、9合目がすぐ目の上にあるが、中々近かずかない。

友人5~6人の中で私は遅れ勝ち、励まされ、怒られながらの登山が懐かしい。

007 しかし、8合目のご来光は今でもハッキリと脳裏に浮かぶ。

雲棚引く雲海から、一辺の後光が輝き、たちまちにして太陽が半身を現わし、真紅に染めながら下界を照らし出した。

崇高な 、身の締まるような感激の一瞬であった。

頂上に立ったときはへとへと、それ以外の記憶が殆どない。そのときの友の半数は黄泉の国である。

038_2 私は、それ以来富士山登山はしていない。

会社生活を終わって60才半ば以降、体力に自信が持てず、とうとう登山しなかったのが残念である。

今年、富士山は世界遺産になり、登山者が激増したとか。
この日も、富士スバルラインは満車で通行規制、の表示。

戦争末期、B29の編隊が銀翼をきらめかしながら、駿河湾から富士山を目指して進入してきた。富士山は昔も今も変わらぬ姿で時代を眺めている。

044

| | コメント (2)

八島ヶ原湿原に高山植物花盛り

2013.6.30

信州霧ヶ峰高原の北西に位置する八島ヶ原高原には、1万2千年の時を越えて堆積した泥炭層の湿原に、初夏の花々が満開に咲き誇っていた。標高1600m、周囲約4km、季節の訪れを感じながらの散策であった。

096  明け方発生した霧が薄らぎ、新緑が眩しい湿原が目前に展開した。

202  真紅のレンゲツツジ、純白のコバイケイソウが緑のなかに咲き乱れる。

062       草花が奏でる幻想の湿原は、天然の芸術である。

113        微風に吹かれてコバイケイソウが踊っているようだ。

076        水辺にひっそりと濃紫のあやめも咲く。

222   ここは国指定天然記念物で高山植物の宝庫である。 グンナイフウロ

234               真っ赤に燃えるレンゲツツジ

7月は参議院選挙、国の行方を決める大事な選挙であるにも拘わらず、投票率は、良くて50%程度ではないかとのこと。

常々思っていることであるが、NHKは、国民を啓蒙するためにも政治・経済に関する討論などの番組を充実すべきではないか。料金を取りながら民放と同じような内容とは情けない。

与党も野党も甘いことしか云わない。NHKこそ有識者を結集し、苦いことも提言し、国の将来のあり方などの世論を起こしてもらいたい。

| | コメント (2)

菜の花に染まる房総の鉄道

2013.3.28。 4.4日撮影

今年は急激な暖かさの到来で桜も狂い咲き、房総・小湊鉄道沿線の桜も満足に咲かなかったが、菜の花畑は満開。可愛い気動車が、ほのぼのと春の暖かさを感じさせる。(写真をクリックすると大きくなります)

065          黄色い絨毯のなかを長閑に走る小湊鉄道線

S082             うららかな陽射しが旅心をそそる

075        旅人は窓辺の風景に歓声をあげているであろう

2013404_065_2           花の雲上に浮かぶ、おとぎの国の電車のよう

2013404_015_3          無人の月崎駅はローカル色豊かなやすらぎの駅

S_113          いずみ鉄道・東総元駅付近。桜のトンネル

2013404_005_5            月崎駅付近・春爛漫を走るローカル線

先日、義弟が喉頭がんで亡くなった。身体に異変を感じ入院後、僅か3ヶ月であった。人生は何が起こるか分からない。残された日々を大切に感動を感じながら過ごしていきたい。

アベノミクスは最高潮。日銀は一致して増刷によるインフレ志向。企業もメディアも大歓迎のようだ。一刻の希望を求めて将来の破局を招かないか。不安が消えない。しかし、困難を乗り越えて必ずや繁栄していくものと思う。

| | コメント (3)

白銀の後立山連峰

2013・3・4日撮影

人の歴史など45億年地球の誕生に比べれば、瞬きに過ぎない。遥かなる雪山を眺めれば悠久の感動が胸に鳴り響く。(画面をクリックし大きくして見てね

S201   白馬大橋から雪原にそそる白馬連峰。秋からの移ろいが侘しい。

S276   白馬・岩岳から雄大な鹿島・槍ヶ岳がそそり立つ(2889m)

S090    人を寄せ付けない神秘の佇まい。2mを超える積雪の唐松林。

S_075      白銀に包まれる後立山連峰の大展望。言葉も失う大迫力。

S_135     天気晴朗。白銀に舞う若者達のエネルギーが懐かしい。

S_114     岩岳山頂のブナ林。厳寒を逞しく生きる生命力に感動。

045s   白馬村の夜明け。雪山が朝日に染まる。里山の原風景がここにある。

東日本大震災から調度2年。奥さん。可愛い娘さん。それに両親を亡くされた被災者が笑顔でマイクに向かって歌う姿を見て、涙が止まらない。

遅れがちな復興が軌道に乗り、被災者の皆さんが希望を持ち、少しでも笑顔が戻ってくることを心から願ってやまない。しかし、先の見えない原発事故処理も含めて必ずや人間の英知で困難を克服するものと確信している。

「上を向いて歩こう」雪山は何時も優しく人間社会に呼びかけている。

| | コメント (0)

晩秋の富士山を眺めながら独り言

紅葉の季節、甘利山と夜明けの新道峠・富士五湖を巡り、富士の姿をカメラに収めた。四季折々いつ眺めても美しく感動的である。

048_2    11月7日新道峠で撮影。昨夜来の雨が上がり雲海発生。

034_2  013      10月末、甘利山より撮影。甲府盆地を見下ろしてそそり立つ。

024       水墨画のような神霊富士。甘利山より望遠レンズで撮影。

090    11月16日、河口湖畔より撮影。紅葉真っ盛りの衣に包まれる富士

073_2

ついに衆院解散総選挙、12月16日は日本の運命を決める日でもある。国の将来を目指す方向に2つの考え方があると思う。

① 安部自民党総裁が目指すのは、日銀法を改正し、国債を日銀に買い取らせるなどして、或る程度のインフレと円安により、また、公共投資を増やし日本経済を活性化させる。巧くいけば、人々の給料も上がり、国の財政も国債価値半減で改善していく。しかし、反面ハイパーインフレの危険も潜み人々の貯蓄は価値が無くなっていく。

② 輸出産業衰退は、中韓台頭によるものでインフレを起こしても再び戻らない。むしろ、円高を利用して海外に事業を展開、所得収支で貿易赤字をカバーしていく。雇用は新しい産業を興すことにより道を開いていく。しかし、こちらは大変厳しく国民の理解と忍耐が必要である。

さて、どちらに軸足をおいた政府が出来るのか?この意味で大事な選挙であると私なりに考える。

| | コメント (1)

素晴らしき晩秋の北アルプス

2012.11.4

この時期北アルプスの峰々は新雪で覆われ、秋彩の衣を履き、一年のうち最も華やかな佇まいとなる。千国街道大町から小川村に入ると感動の風景が連綿と続く。北アルプスは私の胸をうつ最も素晴らしい山峰である。

054_edited1                       新雪の山襞が美しい 蓮華岳(2799m)

148_2                 小川村から望む鹿島槍ヶ岳(2889m)、五竜岳(2814m)

155_3        青空に聳える白馬鑓ヶ岳(2903m)、杓子岳(2812m

184_3            小川村は秋彩の真っ盛り、背後に白馬三山。錦絵のようだ。

196_2       静寂の山間に季節が流れ、もうすぐ八方尾根も雪に閉ざされる

227_2         白馬村・松川渓谷から後立山連峰の威容

261        白馬岩岳・ねずこの森ブナ林を透して眺める白馬の峰

大河ドラマ平清盛を私は毎週楽しみにしている。一介の下層武士から国の頂点に立つ壮大なドラマである。日宋貿易で国を富まし人々の生活を豊かにするとの理念で宮廷政治に立ち向かう姿は感動的である。

しかし、やがて独善的になり、後世の人々から反感を買う一面もあったが、その強烈な実行力は頼もしい限りである。現在の信念無き政治家は見習うべきと思う。

| | コメント (0)

晩秋の八ヶ岳高原

2012.10.31

クラブツーリズムの写真撮影ツアーに写真仲間と参加した。当日は雲の多い日であったが、時折雲間より漏れる陽射しで輝く高原の光景が素晴らしく、楽しい一日であった。

S_016_edited1_2 中央高速須玉インターから、国道141号で松原湖に着く。今は紅葉の真っ最中。高原の湖は錦の衣で着飾っていた。

027_2 染まる静寂な湖面に水鳥の羽ばたきが空気を震わせる。

039_2 湖畔のかえでが真紅の衣で着飾り、心に感動を起こさせる。

030

緑の葉が、こんなにも真紅に染まる季節の移ろいが神秘的に感じる。

051_2 麦草峠に向かう山中に広大な白樺林がある。白い幹に黄葉が重なり、寂寞とした晩秋が心を打つ。

099 峠の途中から新雪の硫黄岳。雲間からの木漏れ日が唐松黄葉林を照らす。

111 蓼科から雄大な八ヶ岳山麓。黄葉樹海がうねりながら続く。

私も人生すでに80年、この先も心に感動と生きがいをもって生涯を送りたいと願っている。写真を撮りながらの仲間達との語らいは心楽しく、身も心も活性化する。

しかし、年とともに年配の仲間が去っていくのが侘しい。日本の老齢化は急速であり、お年寄りの医療費はうなぎのぼり。この儘では国家財政は破綻する。

この先若い世代に希望ある社会が実現できるためにも、お医者様には縁遠くなりたいと願っている

| | コメント (2)

信州安曇野の散策と写真展

2012.5.18

私は安曇野が好きである。北アルプスの雪山を眺めるとき過ぎ去った子供の頃の懐かしい里山が頭に浮かんでくる。(写真をクリックし大きくしてみてね)

H24516_053  大町市・高瀬川のせせらぎを聞きながら、爺ヶ岳・鹿嶋鑓ヶ岳の雪山

H24516_084           白馬村より眺める八方尾根・白馬連山

H24516_012    今は田植の真っ最中、田圃に張られた水鏡も映える風物詩

H24516_073

           満開のズミの花と雪山が美しい。

昔は、家族は一つ屋根の下で暮らしていた。祖父母、両親、子と三世代が同じ食卓を囲み、テレビもないので、家族間の話しが団欒のひと時であった。
今は共稼ぎの時代、食事も別々、すぐ自分の部屋に引きこもってしまう。これでは、家族間のコミニュケーションも殆ど無く、親の躾も絆も薄くなる。

今回、コダック社が無くなったのには本当にショックであった。世の移り替わりの激しさが本当に身に滲みる。私もコスモスクラブから脱会することし、写真展に出展した。

日時 5月25日~5月31日 平日9時~18時 土日10時~18時
場所 JR有楽町駅京橋口 コダックフォトギヤラリー (ダウンロード、クリック)
「016.bmp」をダウンロード

                   出展した写真 2点

                     110_2                漁火きらめく(長門市油谷)

70_2                稔の棚田 (福岡県星野村)

棚田は心に残る原風景であり、田圃に引入るせせらぎの音、夕暮れ時の蛙の合唱、蛍が舞う畦道など、懐かしい想い出が一杯詰まっている。

| | コメント (4)

秋彩の富士を眺めて元気百倍

2011.11.21~24

今年も例年に比べて、暖かい日がいつまでも続き秋の訪れが遅いようであったが、ようやく各地の紅葉が満開となってきた。
秋彩の衣に包まれた富士の姿をカメラに収めるべく富士五湖周辺、大月市百蔵山などを散策した。染まる四方の峰々を見下ろしながら青空にそそり立つ姿を眺めるとき、心はやすらぎ、感動が込み上げてくる。写真をクリックすれば大きくなります

002                    河口湖畔より

121                    本栖湖畔より

015                     紅葉台より

024                    河口湖の夜明け

034                    静寂の河口湖

049                    新道峠より

126             大月市百蔵山・中腹より夜明けの富士

149                 百蔵山・中腹より

S27年卒の高校同級会が、この10月石和温泉であった。同級生40名のうち他界した者三分の一、集まったのは10名ばかりであったが皆元気者揃い。

まだ、仕事を続けている者、趣味を持つ者など、身も心も衰えを知らぬ者ばかりで、私以上に山登りをしている者もある。富士を眺めていればこの先元気で長寿をつづけること間違い無しである。

 TPPについて国論が二つに割れ、今、国の将来の姿を決めるべき重大な岐路に立っていると思われる。
 
賛成する意見は人口減少でジリ貧傾向の日本を自由貿易で活性化するのだという。反対派の意見は米国のイイナリとなり、農業をはじめとする日本固有の制度が崩壊するという。

私の考えは賛成派に近い。資源の無い日本は貿易で生きるしか道がないのではと思う。但し、出来る自由化と、最小限出来ない自由化を選別し、強力な外交で米国に立ち向かう力が必要と思う。救国の政治家の出現を期待してやまない。

| | コメント (0)

晩秋の室道・立山撮影の旅

2011・11・9~10

例年ならば白銀の広がる初冬の佇まいであるが、今年は、進む地球温暖化のせいか、褐色の芝葉が広がる晩秋の室道一帯であった。
 山岳写真家斉藤誠氏の案内によるクラブ・ツーリズムのツアーに参加し雄大な立山連峰を撮影した。画面をクリックすれば大きくなります。

002_2 雲の晴れ間から、真砂岳・別山等、2千880mの立山連峰が雄大な姿を現す。天狗平より。

Img001_edited1          2999mの剣岳が雲のなかから頭を出す(左上)

020_edited4_3      室道・みくりが池には、もやが立ち込め、神秘的な雰囲気

029s_edited1          雄山の左頂上、おぼろ月が顔を出す

047s_edited1    翌朝、朝日は厚い雲に覆われていたが一瞬,山頂から光彩が昇る。

Img003_edited2             初冠雪の雄山、3千m晩秋の佇まい

080_edited1                地獄谷と大日岳

Img009_edited1 113s_edited1

 

阿弥陀ケ原 からタケカンバの美

落差350m長さ日本一の称名滝 を望遠レンズで

Img011_edited1

          晩秋、やがて白銀に覆われる阿弥陀ヶ原

山は日本人の心の故郷である。天空から人間世界を見つめ、悩みも苦しみも包み込み歳月を超えて生の喜びを与えてくれる。天空に広がる山並みを眺めるとき、心は喜びに震え癒されていく。本当に山は素晴らしい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧